自由を手にするために必要なたった2つのこと。

こんにちは、赤星です。

質問者
自由になるために必要なものはなに?

こんな質問をいただいたので回答していきます。

このページをお読みいただければ、自由を手にするために必要な「スキル」が明確になります。

そのスキルの習得に力を注ぐことで自由への最短距離を歩めるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

【結論】自由に必要なのは◯◯と××である。

結論からお伝えすると、自由に必要なスキルとは以下の2つ。

  • 商品を売るスキル
  • 自動化をするスキル

    です。

    これらについて1つずつ解説していきます。

    商品を売るスキルについて

    自由を得るには毎月の収入が毎月の支出を超える状態を作る必要があります。そして、その収入とは「売上」のことです。

    売上を作るからこそ、あなたは経済的な自由を手にできます。

    その「売上」というものは、商品を売って作り出すものです。
    要するに「商品を売るスキル」を習得する必要があるということ。

    しかし、新規開拓の営業職などを経験していない限り「自分で売上を作る事」に関してハードルを感じるかもしれません。

    確かに対面営業は、すごく難しいと思います。

    • 第一印象を良くするために身だしなみを整える
    • 相手に伝わりやすい言葉選びを即興で作り続ける
    • 相手が欲しくなるような提案を柔軟に行う
    • その場で契約を取れるようなクロージング技術を習得する
    • 契約を継続してもらうために接待の場を設けて信頼関係を構築する

    などなど、契約を取るためにやることはたくさんありますし、頭の回転の早さなども求められます。

    しかし、ネットを活用する事で、売上はすごくシンプルに作れるようになりました。

    味噌にお湯を混ぜたら味噌汁が出来上がるのと同じように、売上にも「売上を作る材料」というものがあるんです。それが以下。

    ”売上 = 集客数 × 成約率 × 客単価 × リピート率”

    この4つの要素(集客数、成約率、客単価、リピート率)によって売上を作ることができます。

    ネットで売上を作ることを前提として、上の4つをもう少し分かりやすく説明すると以下。

    売上4要素の定義

    集客数 = 商品の販売ページに訪れたお客さんの数(アクセス数)

    成約率 = 商品の販売ページに訪れたお客さんのうち、商品を購入した人の割合

    客単価 = 商品の値段

    リピート率 = 一度商品を購入したお客のうち、2つ目の商品を購入した人の割合

    それぞれ具体的に解説しますが、「リピート率」に関しては、そもそも売上を作ったことがない人が理解しても、そこまで大きな意味を持たないのでここでは割愛します。

    では、集客数から見ていきましょう。

    集客数とはなんぞ?

    集客数とは「商品の販売ページに訪れたお客さんの数(アクセス数)」とお伝えしましたが、イメージしやすいように以下の図を作りました。

    ※補足※

    集客数を「ブログのアクセス数」や「SNSのフォロワーの数」と勘違いしている人をたまに見受けますが、基本的には「販売ページへのアクセス数」を指します。ただ、販売ページにアクセスを集めるためには、「ブログのアクセス数」や「SNSのフォロワーの数」は多い方が良い事に間違いはありません。

    上図にあるメディアは、上から

    • メールマガジン
    • ブログ
    • ユーチューブ
    • インスタ
    • ツイッター
    • LINE

      です。

      こういったメディアのアクセス数やフォロワー数を増やし、何かしらの商品の販売ページへ誘導する事で売上を作ることができます。

      また、これらは全てスマホのアプリで操作することができるメディアです。
      スマホ1台で稼ぐとは、こういうことです。(余談ですが)

      それぞれのメディアのアクセス数やフォロワー数を増やす方法については、1つのメディアごとに本を1冊書けるくらいの情報が必要なので、ここでは割愛します。

      書店に行けば数千円で入手することが可能ですし、noteやBrainというプラットフォームでも数千円で購入できるので、ぜひ自身で調べてみてください。

      「集客数」について理解が深まったところで、次に「成約率」について解説していきます。

      成約数とはなんぞ?

      成約率とは「商品の販売ページに訪れたお客さんのうち、商品を購入した人の割合」であるとお伝えしましたね。

      図にすると以下になります。

      販売ページにアクセスした人のうち、何割の人が商品を購入したのか?が成約率です。

      例えば、販売ページに1000人がアクセスしたうちの10人が商品を購入したら成約率は

      10人÷1000人×100=1%

      になります。

      この数値は「販売ページの良し悪し」によって分かれるので、この数値が低い場合は販売ページを改善する余地があるという風に売上アップの施策を考案することも可能です。

      客単価

      最後に客単価ですが、これはシンプルに「商品価格」を指します。

      例えば、1000円の商品を販売したとしましょう。

      先ほどの例を使って、1000円の商品を、1000人が販売ページにアクセスしたうちの10人が商品を購入した場合の売上は以下になります。

      1000円×10人=1万円

      ここまでの話で「売上の要素」の説明を終えたので、改めて公式に当てはめてみましょう(リピート率は除外)。

      集客数 × 成約率 × 客単価(×リピート率)=売上

      1000人(集客数)×1%(成約率)×1000円(客単価)=1万円(売上)

      各数値の意味合いを理解すると、売上を作るイメージが湧くと思います。

      もちろん、

      • どうやって集客数を増やすの?
      • そもそも集客って何から始めたら良いの?
      • 成約率を増やすにはどうしたら良いのか?
      • そもそも販売ページを持ってないんだけど…

      などといった疑問があると思います。

      が、ここでは売上を司る数値を理解して頂いて、今後の活動で、

      「これらの数字を増やすためにはどうしたら良いのか?」

      という思考と学習を進めて頂ければと思っています。逆にいえば、これらの数字を上げることだけに集中したら「自由な人生への道」を踏み外すことはないということです。

      自由を得るために必要なスキルの1つ目である「商品を売るスキル」とは、ここでお伝えしてきた

      ”売上 = 集客数 × 成約率 × 客単価 × リピート率”

      のそれぞれの数値を伸ばすということです。

      つまり、あなたが今後やるべきは、

      • どうやって集客の数を増やすのか
      • どうやって成約率を高めるのか
      • どうやって客単価を高めるのか
      • (どうやってリピート率を高めるのか)

        を学習し、行動に移すことになります。

        これらの数値の高め方を熟知すること、そして使えるようになる事が「商品を売るスキルの習得」に繋がっていくのでぜひ注力してみてください。

        自分で商品作りや販売ページを作らなくても良い?!

        先ほどご紹介した流れや図解をご覧いただくと「自分で商品を作ることなんてできない…」と思われるかもしれません。

        しかし、ネットでは「アフィリエイト」という便利な仕組みが存在しており、これを利用したらあなたが商品を作る必要が無くなります。

        商品作成が不要になるだけでなく、

        • 販売計画の作成
        • 商品開発
        • 販売準備

        が不要になるんです。

        アフィリエイトのイメージとしては、代理店営業になります。

        第3者の商品・サービスを代わりに販売する事によって、紹介報酬を得るという流れです。

        代理店営業は対面で行うことが多いですが、アフィリエイトは完全にネット完結できます。なので、アフィリエイト活動に注力していく事で自由を得られないなんて事はありません。

        ただ、「紹介報酬をもらう」事になるので、売上における客単価の項目は「報酬単価」に変わります。

        集客数 × 成約率 × 客単価(×リピート率)=売上

                     ↓

        集客数 × 成約率 × 報酬単価(×リピート率)=売上

        商品の売上全額が入金されるわけではないので、収益額が落ちてしまいますが、その分、

        • 販売計画の作成
        • 商品開発
        • 販売準備

        という手間(時間)を減らせると考えたら割に合うでしょう。

        そのため「自分で商品を作る自信がない」という場合、まずはアフィリエイト(第3者の商品・サービスを売る)という事から始めることをオススメします。

        アフィリエイトで商品を売るスキルが身についてから「独自で開発した商品を徹底的に売る」というのは、僕の周りでは鉄板の成功ステップです。

        それでは2つ目のスキルの説明に入っていきましょう。

        自動化をするスキル

        起業家には2つのタイプがいる事をご存知でしょうか?

        1つ目は、起業家自身がビジネスの軸になる「大黒柱タイプ」で、もう1つがビジネスを仕組みで回す「ビジネスオーナータイプ」です。

        それぞれのタイプの特徴を知る事で、あなたが「目指すべき起業家」が明確になります。

        ①「大黒柱タイプ」:起業家自身がビジネスの軸になる

        このタイプのイメージ図は以下になります。

        お金が発生する仕組みの中に起業家自身がいる状態です。

        人を集めるためのブログやツイッター、ユーチューブ更新を自ら行い、商品開発の戦略立案や商品作りを自分で行い、販売から購入後のサポートまで自分で行なっているタイプです。

        世の中的には、こういった社長像が一般的だと思います。

        飲食店を立ち上げて四六時中お店にいる人や、美容室を立ち上げて四六時中店舗にいる人などなど。

        ビジネスの「大黒柱」となって売上を作っていく人たちです。

        起業家のパワーが強ければビジネスは物凄いスピードで加速しますが、その「大黒柱」が足を止めたり、急な病気で働けなくなったら、仕事が回らないので売上も急落します。

        それに、

        「お金を稼ぐために時間を使っている」

        という働き方なので、本書で推奨している

        • 経済的自由
        • 時間的自由
        • 精神的自由

        を手にすることもできません。

        しかし、世の中には多くの自由人が存在していることが事実です。

        それが「ビジネスオーナータイプ」になります。

        ②「ビジネスオーナータイプ」ビジネスを仕組みで回す

        ビジネスオーナータイプは時間もお金も余裕があります。いわゆるセミリタイア、アーリーリタイアをして南国で悠々自適に暮らす人たちです。

        ビジネスオーナータイプの人たちの中にも飲食店や美容院をやっている人がいますが、彼らはほとんどお店にいません。それにも関わらず、売上が上がっているんです。

        それは「起業家自身がその場にいなくても売上ができる仕組みを作れているから」です。

        つまり、店舗に

        • アルバイトを雇う
        • アルバイトをまとめる店長を雇う

        などの人材を設置しているということ。

        起業家の代わりに働いてくれる従業員を設置しているため、自分がその場にいなくても売上が勝手に上がっていくんですね。

        従業員だけでなく、誰もがマクドナルドのように同じような働きぶりになるマニュアル、顧客対応や会計を自動化できるレジ、注文を自動で受けられるシステムなどなど。

        「人、ツール、システム」を活用して売上が勝手に作られる状態を作っているんです。

        このように、ビジネスオーナーは働かずして利益をチャリンチャリンと受け取ります。

        一見、売上を全部取りできない分、利益が減るように見えますが、時間があるので同じような仕組みを2つ、3つと作っていくことによって毎年右肩上がりの収入をを実現できるんです。

        それに1つのビジネスが上手くいかなくなっても、複数の収入源があるので生活に支障も出ません。

        一方、大黒柱タイプは、時間がないので2つ目のビジネスを作れないし、肝心な主軸となるビジネスも上手くいかなくなれば、売上が0になることだってありえます。

        大黒柱タイプ VS ビジネスオーナータイプ

        あなたが目指すべき起業家はどちらでしょうか?

        答えは明確ですよね。
        ビジネスオーナータイプです。

        しかし、このような疑問が出てくるかもしれません。

        • 自分に従業員を雇うなんて無理だよ。
        • いきなり店舗を構えるなんて怖くてできない。
        • 別に店舗とかいらないから、自由になれる方法を知りたい。

          などなど。

          ビジネスオーナータイプの起業家になれない理由を探し回ったのではないでしょうか?

          しかし、安心してください。

          ネットを活用したら、誰でも「自分の人件費(労力)のみ」からスタートしてビジネスオーナーになっていくことができます。

          例えば、無料ブログ、インスタ、ツイッターなどを使えば、勝手に人が集まる仕組みを作ることができますし、メルマガやLINEを使えば、自動で商品が販売できる装置を作れるんです。

          先ほどご紹介した下図の全てを、月数千円のコストで自動化することができます。

          例えば、ブログを利用して集客装置を作る場合のイメージは以下です。

          今日あなたが書いた記事に、1年後、2年後にもアクセスが集まってくるイメージです。

          「今日以外」に集まってきたアクセスは、全て「自動で集まった」といえます。

          メディアごとによって自動化をしていく方法は異なりますが、ネットやツールを利用していけば大抵自動化できてしまうものです。

          そして、このようにブログなどのメディアへ集まってきた読者に対して「メルマガ登録」や「LINEの友達追加」をしてもらう事によって「自動販売」も可能になります。

          メルマガやLINEには「自動でメッセージを配信する機能」があるからです。

          イメージとしては、飲食店をネット予約した際に前日にリマインドがくるようなものです。他にも美容院のメルマガが1〜2ヶ月おきにメールがきたりするのもほぼ自動で送られています。

          そういったシステムを利用していけば、以下のような仕組みを作ることが可能になります。

          ブログは無料で開設することができますし、自動で送れるメルマガも月2000円とかで利用することができる時代です。

          一見、このような低コストで月に何百万円と稼げるような話は疑わしく思えるかもしれませんが、僕や僕の周りの自由人が実現しているのでしょうがありません。

          この自動で売れていくシステムを構築することに挑戦するかどうかはあなた次第です。

          自由を手にするために必要なたった2つのことのまとめ

          さて、自由な起業家になるために必要な2つ目のスキルとして「自動化スキル」をご紹介してきました。

          自由な起業家になるために必要な2つのスキル

          • 商品を売るスキル
          • 自動化スキル

          については理解が深まりましたか?

          商品を売るスキルでは、

          ”売上 = 集客数 × 成約率 × 客単価 × リピート率”

          という売上の4要素を以下のように定義しました。

          売上4要素の定義

          集客数 = 商品の販売ページに訪れたお客さんの数(アクセス数)

          成約率 = 商品の販売ページに訪れたお客さんのうち、商品を購入した人の割合

          客単価 = 商品の値段

          リピート率 = 一度商品を購入したお客のうち、2つ目の商品を購入した人の割合

          これらの数字を上げていくスキルが「商品を売るスキルの正体」であるとお伝えしましたね。

          そして「自動化をするスキル」では「大黒柱タイプ」と「ビジネスオーナータイプ」という2種類の起業家がいることを伝え、自由を得たいなら「ビジネスオーナータイプ」にならないといけないことを伝えしました。

          それでは以上、「自由を手にするために必要なたった2つのこと」についてでした。

          メルマガではさらに具体的な自由になるための話をしていますので、よかったらご登録ください。

          また、ツイッターインスタユーチューブも日々更新中です。それぞれのメディアに合わせた形で自由になるための思考法や方法論などを語っているので、フォローしてもらえると嬉しいです。

          それでは今日も自由な人生を手に入れるために学んで行動していきましょう。

          最後までお読みいただき、ありがとうございました!

          おすすめの記事